2019年04月30日

4/28 真備町ボランティア活動

ご無沙汰しております、大前です('ω')
ブログ書くのはひっさびさですが、ちょこちょこ活動しておりました(^^;)

さて、今回は真備町での写真洗浄ボランティアについてご報告いたします!
私と片山さん、そして新入生2人の4人で、真備町写真洗浄会さんのお手伝いをしました。
※真備町写真洗浄会さんTwitter→https://twitter.com/mabisenjo

最初に、作業工程などについて説明を受けました。
真備町1.jpg

真備町2.jpg

午前中は、乾いたアルバムを分解して写真を台紙からはがし、写真裏面の糊を落とす作業でした。
周りにカッターでそーっと切れ目を入れて写真を取り出し、ナイロンたわしやへら、ペットボトルキャップ等を使って裏面をこすります。
真備町3.jpg

真備町4.jpg

私は初めての写真洗浄で、汚れたアルバムを見たときは
「えっ、写真ってこんなことになるんや(;O;)どこまで復元できるんやろ…」
と思いました。恐るべしバクテリアあせあせ(飛び散る汗)
集中して黙々とやった結果、私たちを含む6人で300枚ほど処理できました!

午後は、最終段階であるポケットアルバムへの収納作業でした。
5月真備町.jpg
予想以上にきれいな仕上がりのものもあれば、洗浄を経てもなお何の写真か判断できないものもありました。
あまりにも状態が悪くてご返却しかねる場合は供養することになっていますが、どんな写真も持ち主の方の思い出が詰まっています。
せっかく最後まできたんだから…ということで、原則すべてアルバムに収めました。

実際に体験して、一連の作業をボランティアの力で地道に続けておられることに感動しました(>_<)
「私たちが担当したアルバムの持ち主の方にお会いしたいな、喜んでもらえたらいいな(*´ω`)」と思いました。

洗浄会の方によると、約280件12万枚のご依頼があり、80件ほどが返却済みとのこと。
来年7月ごろまで活動を続けられるそうです。
なんと、連休中は毎日活動されます!もう一度言いますよ、please listen again耳
ま・い・に・ちです。
「予定入れそびれたなー、どっか行きたいけど混んでるとこに遊びに行くのはいらんわたらーっ(汗)
という方がいらっしゃったら、被災地でのボランティアを検討してみては?
令和初のお出かけが社会貢献にるんるん

すずらんは、連休以降も引き続き真備町にお手伝いしに行く予定です。
電車からは倒木や足場が組まれた住宅が見えましたし、力仕事のニーズもまだあります。
少しでもお役に立ちたいという思いを胸に、活動に励んでまいります('◇')ゞ
posted by ou.savejapan at 22:34| Comment(0) | 日記

2019年02月11日

みんな集まれ!2019 わくわく 家族de災害脱出ゲーム in東大阪

こんにちは!
すずらんの片山です。

北海道の寒波半端ないですねあせあせ(飛び散る汗)
−30℃ってどんな世界なんでしょうか?

とはいっても、過去には−40℃も記録されている北海道。
恐ろしすぎです・・・

さてさて、今回は1月26日に「体感型防災アトラクション」なるものに行って来ました。

Dx1bDcZUYAAnym6.jpg large.jpg

初めて耳にする方も多いと思います。
僕たちも初めての体験でしたから(笑)

簡単に言うと、最近流行りの「脱出ゲーム」の防災バージョンですね

今までの防災訓練のイメージを一新してくれるものでした。
これは、是非皆さんに体験してほしい!

様々な地域で実施されているようなので、HPで確認してみてください!!
イベントの様子も紹介されています
↓↓↓

FLAP ZEROさんのHP
https://www.flapzero-bosai.com/

細かい内容はネタバレになってしまいますので、今回やめておきますね(笑)

ゲーム自体は、災害時に役立つ道具が答えになるなぞなぞや、実際の避難行動を考える問題など。
今回は、ほぼ全員が最終ミッションをクリアできていました。
最後に、復讐を兼ねた学習で、さらに知識を増やしてくれます。


今回参加してみて、一番印象的なのは参加者の若さ!
地域の防災イベントって、お年寄りの方が多くなってしまうんですが、
このイベントでは、ほぼ小学生とその保護者!!!!

やはり、楽しく防災に取り組むことの大切さ、子どもたちや若い人たちに遊びながら防災を学んでもらえる可能性を感じた一日でした。
posted by ou.savejapan at 00:45| Comment(0) | 日記

2018年11月29日

11/24,25 真備町西日本豪雨ボランティア

こんにちは!!
二年生の川合ですてれてれ


だいぶ寒くなって、いよいよ、冬ゆきだるまサンタプレゼントきらきら!!って感じの気候になってきましたね!! 

みなさんは、冬といえば、何が一番最初に頭に浮かびますか??
私は、こたつですね笑
こたつに首まで入っているときは本当に幸せです四つ葉
そんなことをしているとそのままこたつで寝ちゃって朝を迎えちゃうんですよねあせあせ(飛び散る汗)
んで、朝後悔する笑
気をつけないと…




さて、前置きはこれくらいにして!
今回は、11/24,25に西日本豪雨の被害にあった真備町に行って、ボランティアをしてきたご報告をしたいと思います!



7月にあった西日本豪雨
それから、4ヶ月以上が経ちましたが、まだまだ豪雨の爪痕が残っていました…



1日目は、泥水に浸かってしまった家具やブルシートの洗浄 
2日目は、泥水で汚れてしまった納屋の清掃、家具の拭き掃除を行いました
今回は軽作業が中心やったかな?と思います



涼しくなってきて、いや、もう寒いくらいなので!笑
だいぶ活動はしやすかったです
休み時間には、一緒にボランティアに参加していらっしゃる方や、ボランティアに伺ったおうちの方とお話することもできて、楽しい時間を過ごすことができましたてれてれてれてれてれてれ



そんななかで、とっても嬉しいことがありました!
それは、2日目に伺ったおうちのお母さんからいただいたお言葉です

“いつもは一人で作業しているけど、今日は皆さんの声が聞こえてなんだかわくわくする!! 
特に、あなたの笑い声!
とっても素敵
どんな病も治る気がする!”

なんて!!言ってもらえたのですてれてれてれてれ
めちゃめちゃ嬉しかった…顔3(かなしいカオ)
おまけに“孫”とまで言ってもらえました!



大阪北部地震のときから、ボランティアに参加することに少しだけひっかかりがありました  
あ、そんな悩んでた訳じゃないですよ!笑
でも、他の男性のように動けたらどんなにいいだろうか…
みたいな気持ちがずっとありました
私は自分のことパワータイプだと思っているので、もっともっと使ってほしいなっていう歯がゆい気持ちもありましたし笑



そんななかで、この言葉は本当に嬉しかったです涙ぽろり涙ぽろり
笑い声ひとつで喜んでくれる
そんな形でも力になれたことが嬉しかったし
そんな風に思ってくれる人がいたことが幸せでした
あと5年くらいすずらんのメンバーに自慢します笑笑




1543418614194.jpg




7月に起こった西日本豪雨を過去のこととしてとらえている人は少なくないと思います でも、まだまだ爪痕がいたるところに残っていて、復興はまだまだ先だと感じました



すずらんとして、引き続き支援等で関わらせていただければと思っていますにこにこ

posted by ou.savejapan at 01:18| Comment(0) | 日記