2013年12月02日

防災ウォークラリーin西宮(12/1)

すずらん運営スタッフ一回の清水です(・∀・)


もう早くも12月!

本当に寒いですねー
布団が恋しい季節の始まりです。

夏に行ったボランティアバスやツアーが、懐かしく感じます(*^^*)


今回は、12月1日に参加さして頂いた「防災ウォークラリーin西宮」について報告さしてもらいます。



NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)さん主催の企画で、

将来ほぼ確実に起きる「南海トラフ大地震」などの巨大地震に備え、市内を歩いて、防災拠点を確認しようというものでした。

武庫川女子大学の総合グラウンドを出発し、三箇所の防災拠点をまわり、栄養科学館でゴールという流れでした!



また、防災食も食べたりもしました!





IMG_61057505036857.jpeg



防災ウォークラリー前のお昼ごはん

和気あいあいとした雰囲気でした\(^o^)/






20131201_045609566_iOS 1.jpg



準備体操!



僕は、ウォークラリーには参加せず、栄養科学館で交流会の準備をしていました。

ウォークラリーの様子を写真でお伝えできず、すみませんm(__)m


一般の参加者の声としては、

「実際に歩くことで、こんなところに避難ビルがあるって分かった」



ボランティアの参加者からは

「阪神大震災の当時の話しを聞いた」

「いろいろな人と関われた」

とのことでした




最近の防災食は、本当にすごかったです(^^)




IMG_20131201_145636440.jpg

上の写真は、火やガスを使わずに、温かい料理が食べれるという「レスキューフーズ」というものです!



20131201_060305279_iOS.jpg




そのほかにも、様々な工夫のされた災害食がありました(^o^)




IMG_20131201_152545682.jpg




ウォークラリー終了後、NVNAD寺本さんと武庫川女子大学の運営スタッフの方々が、互いに
色紙やプレゼントを渡しあっていて、心が温まりました





IMG_61041381135490.jpeg



最後、今回参加したボランティアスタッフで写真を撮りました!



IMG_68126641419914.jpeg




今回のウォークラリーは、実際に楽しみながら防災拠点や避難経路を確認できるものでした。

このような機会がないと、なかなか防災拠点を知ることは出来ないと思いますし、
いざとなった時、落ち着いて行動ができると思いました!


また、このような企画があれば、参加したいですね!(^^)!

では、清水が防災ウォークラリーin西宮についてお伝えしましたー!


posted by ou.savejapan at 23:12| Comment(0) | 関西後方支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: