2013年10月01日

のだ暮らし体感交流ツアーD

こんにちは!すずらん1回生の清水です!ブログには二回目の登場になります。どうぞよろしくです(・ω・)ノ何回かに分けて、9月8日〜10日に実施された「のだ暮らし体感交流ツアー」の模様を書いています!(もう一か月も前になってしまうのですが…)
このツアーは野田村特定課題対策課が中心となって、企画をしてくださったものです。そちらのブログでは、今回のツアーが動画で楽しめるようになっていますので、こちらもチェック!
http://nodateiju.exblog.jp/20728328/
ぜひぜひチェックしてくださいね♪


今回ののだ暮らし体感交流ツアーでは、民泊を体験しました。今回受け入れてくださった四軒のお家は…・「浜ちゃんはうす」小谷地さん・「菜っぱや」辻鼻さん・「あいがもはうす」小山さん・「かまどのつきや」小野寺さんです(*^_^*)僕は「かまどのつきや」小野寺さんのお家にお世話になったので、つきやでの生活をご紹介します!



名前の通り「つきや」ではあるものをつくんですね、そう、「もち」ですね。
この民泊で餅を僕たちはつくことになるのですが、その様子は後程。

しかしこの「つきや」さんは餅だけでなく、おにぎりや赤飯を地元の店で販売、またキュウリなど農作物も出荷しています。




のだむラリー終了後、信子さん(つきや)と対面、僕の第一印象は「ザ・お母さん」という感じで、その立ち姿からも信子さんのやさしく温かいお母さんオーラが出ていました。

そして信子さんの家に到着!
かまどではないですが、家の中には囲炉裏があり、レトロな趣のあるお家でした。
cached-2027136334.png


約二日ぶりの入浴の後(本当に気持ち良かった!)、あの人気ドラマ「あまちゃん」にも登場した「まめぶ」を作りました。


まめぶ汁とは岩手県久慈市などで食べられている郷土料理で、黒砂糖とクルミをくるんだ団子(これがまめぶ)を入れ、昆布と煮干しの出汁で煮込んだ料理のことです。

「あんたたち、あまちゃんみてるやろ? あれに出てくるまめぶ作ろうか!」と信子さん。しかし男子三人誰もあまちゃんを見ておらず、微妙な反応、少し信子さんは残念そうでした…
僕たちは団子をこねにこね、料理が出来上がるのを待ちます。




そしていよいよ待ちに待ったお食事タイム!

アイナメの塩焼き、かぼちゃの煮つけ、モロキュ、そして今回の未知なる料理「まめぶ」と、素朴で健康的でおいしそうな料理がテーブルに並びます。
DSC_0298.jpg

cached698336893.png



まずはその味に不安と期待のまめぶ汁を、黒砂糖と和風出汁が調和し…と書きたいところですが、今までに食べたことのない、不思議なお味でした。(笑)
その後は、まめぶを避けて汁だけを、最後にまめぶを食べました。
でもまたまめぶ汁は食べたいですね(・∀・)

食事の後は、野田村役場特定課題対策課(今回のツアーを企画していただいた)しももんさんとやまみんさんが合流、「のんちゃんジャンケン」をしました!
その時の様子です!
彼女はおそらく「のんちゃん」をしています(^^;
DSC_0295.jpg


そしてはやくも就寝時間。
久しぶりに布団の中に入ったので(一日目はバス内)、男子三人即効で就寝、23時には全員寝ていました。非常に健康的です。






二日目、6時30分起床。二日目の体験(団子づくり、織物)にはまだまだ時間があるのですが、こんなに早い理由は、そう「もち」をつくためです。

この餅つき、思っていたよりもなかなかハードで、一人約10分間ペタペタとつき続け、貧弱な男子三人はつき終えたころには、筋肉痛になってしまってました…。
この時の写真がないのが残念です(:_;)

そして筋肉痛のまま、体験へ。



体験終了後は、お食事タイム!
しかし体験先で食べに食べさしていただいたんで、すでに満腹状態だったんですが、信子さん料理は本当においしいのでそちらも完食!(^^)!



食事の後は、えぼし荘にて入浴、入浴後は四人仲良く「野田塩ソフトクリーム」をいただきました。
DSC_0422.jpg

えぼし荘の食堂の受付にあったのんちゃん↓↓↓
DSC_0418.jpg
かわいい(≧▽≦)




帰宅後、やまみんさんとしもみんさんと合流。一日目は「のんちゃんジャンケン」でしたが、二日目は晴れをもたらす呪文を一緒にしました。この呪文により、一日目(8日)は天気予報では雨だったんですが、雨はほとんど降ることなく、企画は順調に進んだのです(゚Д゚)

「カムイ パパイヤ アホーイヤ」と、全員で天に向かって呪文を唱えていました。
(知らない人が見たら本当に怖いですよね)



カムイ パパイア…

DSC_0435.jpg


アホーイヤ!!!


DSC_0434.jpg


そして就寝。
呪文が効くといいんですが…



三日目、4時30分起床。
こんなにも早いのは、そう、あの「あまちゃん」のロケ地「小袖海岸」にて朝日を見るためです\(^o^)/
まあ「あまちゃん」みてないんですが…

ちなみに天気は快晴とはいきませんでしたが、晴れ。
呪文は効いたよう(・∀・)

雲に隠れ朝日を見ることはできませんでしたが、澄んだ北の海に、ひんやりと冷たい風、巨大な岩と、男子三人は自然の光景に圧倒されていました。
DSC_0445.jpg

1378769182464.jpg



帰宅後予定は7時から餅つきだったのですが、寝坊。50分遅れで餅つき場に到着、恐る恐る中に入ると、餅はすでにつきあがっていました。
信子さんとお父さんに怒られると思い身構えていましたが、おとがめなしでした。そのかわりに、キュウリのダンボールづくりをしました。
DSC_0467.jpg



そして三日目の体験も終了し、夜のお食事会へ。

信子さんは着物姿で登場!

最後は色紙をわたし、記念撮影!(^^)!

それまでは何ともなかったのですが、「また戻っておいで」と信子さんの最後の一言で野田村を去るのかと、思い悲しくなりました。
772.JPG




今回の民泊で、多くの方と交流し、特に受け入れてくださった信子さんをはじめとする「かまどのつきや」の皆さんには本当にお世話になりました。
いろんなところにも連れて行ってくださったり、初めての経験をいっぱいさしていただきました。また毎日おいしい料理もいっぱいつくっていただきました。

野田村まで、大阪からはバスで行くと片道でも一日はかかりますが、それでもまた信子さんに会いたい、野田村に行こうと思います。


また行こう野田村\(^o^)/
posted by ou.savejapan at 00:14| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: