2013年09月30日

台風18号福知山水害ボランティア

こんにちは!
すずらんの村上です。

久しぶりの投稿になります!

9月22日に台風18号により水害を被った

京都府福知山市大江町常津でボランティア活動に参加してきました。

すずらんから4人のスタッフが参加しました。


今回は西宮市社会福祉協議会様が企画したボランティアバスに搭乗させていただきました。


西宮6:45分集合のため、5時に家を出発し、
電車でうとうとしながら集合場所へ。

集合場所では早朝にも関わらず西宮市長様が見送りにお越し頂き、
お話をしていただきました。

2013-09-22T23-11-55_3.jpg


9時頃、常津へ到着しました。

現地では、

ガードレールが水流により破壊されている様子、

電線まで水位が達した形跡、

なぎ倒された植物、

など災害の甚大さを物語る光景が広がっていました。

2013-09-22T23-11-55_5.jpg


私は主に、家屋まで流されてきた藁の撤去作業を行いました。

稲刈り後であったことから、大量の藁が流れてきており、

さらに藁は水を吸って、非常に重く活動は大変でした。

また、水害から1週間程度経っていたため、

藁が腐敗し、異臭を放っている場所もありました。

20130922_102000.jpg


1件のお宅の藁を撤去するために、10名弱で5時間もの時間を要しました。

もし自分がある日突然被害を受けたとき、

一人で片付けるには困難すぎる被害の大きさでした。


最後に、お手伝いさせていただいたお宅にお住まいのご夫婦からとてもありがたいお言葉をいただきました。

「もし大阪が災害にあったとき、助けに行きます。」

このような良心や前向きな恩が

連鎖することは、

かけがえのない価値だと感じました。

2013-09-22T23-11-55_16.jpg


再来週、すずらんスタッフは再び常津を再訪問する予定です!
posted by ou.savejapan at 20:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: