2013年08月30日

「第4次すずらんバス」 流しそうめん

こんにちは!
すずらんスタッフ一回生の清水です。
ブログ初投稿です\(^^)/

今回のすずらんバスでは僕は「流しそうめん」を二日間担当させていただきました。



一日目は「米田仮設」で流しそうめんを行いました。


水道の蛇口にホースが入らないというハプニングや途中雨が降るなどハプニングがあったものの、昼頃からは流しそうめんをすることができました!(^^)!

村民の方々に加え、NVNAD、にしのみや遊び場つくろう会、関西学院大学、不来方高校、阪大の方々が参加しており、流しそうめん会場は大盛況でした!

3歳くらいの男の子は、一心不乱に流れてくる麺をつかんで紙コップに入れる姿は、胸キュンで、参加者全員が彼の姿に見とれていました!

ただ彼自身はコップに入れたそうめんを食べなかったので、おじいちゃんがもくもくと食べておられました。


DSC_0123 - コピー.jpg

二日目は「下安家仮設」を対象に「国民宿舎えぼし荘」にて流しそうめんを行いました。
予想以上に村民の方々が参加してくださり、また「国民宿舎えぼし荘」のオーナー、さらに村長さんまで顔を出してくださいました!

参加してくれた5歳の女の子と7歳の男の子は本当に元気でかわいいく、一日目に続き胸キュンしてしまいました(>_<)

彼らは麺を食べるだけでなく、反対に麺を流してくれました!
とにかく流す速さ&量が尋常ではなく、スタッフ全員は本気で麺を平らげていました。



そのあとは、彼ら二人と鬼ごっこ&肩車と、本当に体力的にはしんどかったですが、二人の無邪気な笑顔にそんなものは一瞬で吹き飛びました!

DSC_0142 - コピー.jpg


多くの村民の方々から「流しそうめんは人生初、本当にうれしい」というお声をいただき、流しそうめんしてよかった、来年もしたいと思いました。

ただ竹を切って流しそうめん台を作るのは尋常でなくしんどいので、来年は流しそうめん台制作は他のスタッフに任したいですね(・∀・)

以上 清水からの報告でした!
posted by ou.savejapan at 22:12| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: