2013年03月13日

第2次野田村復興応援フィールドツアー!H〜寒締めほうれんそう収穫体験編〜

ここからは再びすずらんの塩田です!

24日午後、2班はほうれん草農家さんのハウスへ。
1ほう.jpg
緑のじゅうたんが広がります。
あれ?ほうれん草ってこんなだったっけ?

2ほう.jpg
葉っぱが縦にのびるのではなく横にふんわり広がっています。それによく見ると中央の葉っぱは縮んでいるようです。
このほうれん草、「寒締めほうれん草」といってこの辺りの地域独特のものだそうです。寒さに耐え、自分の身体を凍りつかせまいと糖分を茎に蓄えるので”甘い”ほうれん草に仕上がるのだとか。

3ほう.jpg
慣れない手つきで収穫、根っことり作業に励む参加者の皆さん。産直出荷用になるということで丁寧に作業を進めます。
袋詰め作業の前に、茎が折れないように柔らかくするため少しほうれん草を放置します。

その間に、
4ほう.jpg
おひたしの試食!
どちらが普通のほうれん草でどちらが寒締めほうれん草でしょう?
茎を一口食べれば差は歴然。クイズになりませんでした。(^^;)
普通のほうれん草も寒さにさらされ甘くなっているのですが、それをさらに超える甘さ。寒締めほうれん草のおひたしは5分で完食してしまいました。

薪ストーブの周りでゆったりとお話した後は、袋詰め作業にかかります。

5ほう.jpg
皆真剣な表情でほうれん草を包みます。茎が折れないように優しくね!
包んだほうれん草の一部と、休憩中にいただいたお餅、おだんごをお土産にいただきました。

ほうれん草美味しかったです!(^^)
ほうれん草ハウスの皆さん、ありがとうございました!
posted by ou.savejapan at 16:48| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: