2013年03月06日

第2次野田村復興応援フィールドツアー!@

すずらんの塩田です。

2月22日〜25日にかけて開催された第2次野田村復興応援フィールドツアーについて、参加した塩田、齊藤、成川、崎浜より報告させていただきます。

今回も9月に開催した前回のツアーに引き続き、野田村のさまざまな方々にお世話になってのツアー開催となりました。
さんりく交流支援センター様とも共催という形をとらせていただき、県の事業で野田村へ派遣されているいわて復興応援隊の山下さんには事前準備・調整からお世話になりました。
ご協力ありがとうございます!
野田村役場特定課題対策課の皆さんにも付き添い、取材としてご協力をいただいており、山下さん(やまみん)と特定課題対策課の下向さん(しもむん)の書かれているブログ「のだ村に暮らすのだ!」でもこのツアーについてとりあげていただきました(動画までつくってくださいました!)。

今回は大阪大学を中心とした関西の大学生のほかに、前回に引き続き八戸高専からも学生の参加がありました。

このツアーは関西の学生などに野田村のあったかい魅力に触れてもらい肩の力を抜いた交流を行うことで、野田村ファンを増やすこと、野田村を元気にする人と人との繋がりのきっかけを提供することを目的としておりました。
自然な関わりの中で野田村への愛を育んでもらいたいという気持ちでの開催でした。


…しかしながら、今回のツアーも17時間のバス旅でした。これで嫌になるという人もいるかもしれないですね…。個人的には楽しいと思うんですが。

158.JPG

そうは言いつつも道中SAで休憩などを挟みつつ和やかな雰囲気のままバスは野田村へ向かい日本列島を北上します。

夕方に大阪を発ったバスは日本海側の吹雪を振り切りながら一晩走り続け、今回のツアーのスタート地点、野田村のお隣久慈市にある三陸鉄道久慈駅へと到着しました。
塩田が合流しても安眠が許されずテンションの上がらない参加者を迎えてくれたのは…!

IMG_5304.JPG
のんちゃんの親子(?)でした。
あらかわいい。

IMG_5305.JPG
正体はこのお二人、やまみん&しもむんでした。
参加者のどんよりした雰囲気とは裏腹に朝からなかなかいいテンションです。
八戸組とも合流を果たし、軽く挨拶を済ませたら、いよいよツアーのスタートです!
posted by ou.savejapan at 16:01| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: