2018年11月29日

11/24,25 真備町西日本豪雨ボランティア

こんにちは!!
二年生の川合ですてれてれ


だいぶ寒くなって、いよいよ、冬ゆきだるまサンタプレゼントきらきら!!って感じの気候になってきましたね!! 

みなさんは、冬といえば、何が一番最初に頭に浮かびますか??
私は、こたつですね笑
こたつに首まで入っているときは本当に幸せです四つ葉
そんなことをしているとそのままこたつで寝ちゃって朝を迎えちゃうんですよねあせあせ(飛び散る汗)
んで、朝後悔する笑
気をつけないと…




さて、前置きはこれくらいにして!
今回は、11/24,25に西日本豪雨の被害にあった真備町に行って、ボランティアをしてきたご報告をしたいと思います!



7月にあった西日本豪雨
それから、4ヶ月以上が経ちましたが、まだまだ豪雨の爪痕が残っていました…



1日目は、泥水に浸かってしまった家具やブルシートの洗浄 
2日目は、泥水で汚れてしまった納屋の清掃、家具の拭き掃除を行いました
今回は軽作業が中心やったかな?と思います



涼しくなってきて、いや、もう寒いくらいなので!笑
だいぶ活動はしやすかったです
休み時間には、一緒にボランティアに参加していらっしゃる方や、ボランティアに伺ったおうちの方とお話することもできて、楽しい時間を過ごすことができましたてれてれてれてれてれてれ



そんななかで、とっても嬉しいことがありました!
それは、2日目に伺ったおうちのお母さんからいただいたお言葉です

“いつもは一人で作業しているけど、今日は皆さんの声が聞こえてなんだかわくわくする!! 
特に、あなたの笑い声!
とっても素敵
どんな病も治る気がする!”

なんて!!言ってもらえたのですてれてれてれてれ
めちゃめちゃ嬉しかった…顔3(かなしいカオ)
おまけに“孫”とまで言ってもらえました!



大阪北部地震のときから、ボランティアに参加することに少しだけひっかかりがありました  
あ、そんな悩んでた訳じゃないですよ!笑
でも、他の男性のように動けたらどんなにいいだろうか…
みたいな気持ちがずっとありました
私は自分のことパワータイプだと思っているので、もっともっと使ってほしいなっていう歯がゆい気持ちもありましたし笑



そんななかで、この言葉は本当に嬉しかったです涙ぽろり涙ぽろり
笑い声ひとつで喜んでくれる
そんな形でも力になれたことが嬉しかったし
そんな風に思ってくれる人がいたことが幸せでした
あと5年くらいすずらんのメンバーに自慢します笑笑




1543418614194.jpg




7月に起こった西日本豪雨を過去のこととしてとらえている人は少なくないと思います でも、まだまだ爪痕がいたるところに残っていて、復興はまだまだ先だと感じました



すずらんとして、引き続き支援等で関わらせていただければと思っていますにこにこ

posted by ou.savejapan at 01:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: