2018年08月31日

岡山県倉敷市真備町豪雨災害ボランティア

こんにちは!!大阪大学災害ボランティアサークルすずらん所属の森内靖大です!

先日、8/11のことになりますが、僕は岡山県の倉敷市真備町にボランティア活動をしに行ってきました。
僕は7月末にこのサークルに入会したので、今回が入会後初の、さらに言えば人生初のボランティア活動になるのですが、以前からボランティアには興味があったため、やる気が漲った状態で現地に赴くことができました。

実際に行ったことは、民家の庭や家の中などに堆積した泥の掻き出しでした。
一般に想起されるボランティアそのもの、といった感じでしょうか。
泥の量は想像を超えていて、お庭にある敷石が全く見えなくなっていました。
それを少しでも多く取り除こうと必死に作業した結果、作業が終わったころにはかなりきれいになっていて、とても爽快な気持ちになりました。
家主さんの「ありがとう」の言葉が心に沁みました。

また、今回の活動で様々な出会いがあったことも印象的です。
人とコミュニケーションをとることが好きな僕はそれだけでも活動のし甲斐がありました。
(といっても初ボランティアで、活動中は疲れであまりしゃべる気力がなかったのですが(;^_^A))

活動を終えて振り返ってみると、とてもやりがいがあり、また行こう!と思えました。
今回僕は都合により日帰りでしか行けなかったのですが、次回行くときは泊りで数日活動するのもいいなと考えています。

ボランティア経験は浅いですが、これからも頑張っていきます。

1534861150509.jpg

posted by ou.savejapan at 13:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: