2016年11月15日

11/1 西宮市総合防災訓練

どうも!すずらんの明石です(^-^ゞ

初登場から2件連続になりましたね笑
これからどんどん顔出していきますよーキャラクター(万歳)



本題ですが、今月あたまの11月1日、 西宮市総合防災訓練@西宮市立中央体育館および陸上競技場 に訓練のボランティア役として参加してきました!


この訓練では、南海トラフ巨大地震が起こり、津波の襲来などにより被害が拡大していく状況を想定して行われました。

西宮市長も視察に来られ、500人ほどが参加するなど、非常に大規模な訓練となりました。


まずは陸上競技場で、消防団や警察・自衛隊の方々の災害対応訓練が始まります。

サイレンが鳴り響き、救助指示の声が飛び交います。
DSC_0388.JPG


ドローンや救助犬、自衛隊の特殊車両を使って、土砂の下敷きになった人を救出する訓練も見学しました。
DSC_0392.JPG




そのあと体育館に移動して、避難所や災害ボランティアセンターの開設・運営訓練などが行われました。

ここで僕は、市民ボランティアとして被災地を訪れた人の役になって訓練に参加します。

性別も年齢も全然ちがう役…勉強になります顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
DSC_0394.JPG


僕はあくまで裏方としてボランティア役を演じ、ときには無理難題を突きつけることで、ボラセンの運営スタッフが実践的な対応を試みる訓練のお手伝いをしました。




今回、初めて大きな防災訓練に参加しましたが、救助活動の緊張感を味わうことができました。

市として大規模な訓練を実施することで、市民や職員の防災意識の向上が期待されます。
各自治体でこうした取り組みが増えていけば、実際に災害が起きたときも被害が最小限に抑えられるのではないでしょうか。


少し堅くなりましたが、このあたりで失礼します〜m(__)m

posted by ou.savejapan at 14:27| Comment(0) | 関西後方支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: