2016年04月24日

2016年度スタートアップオリエンテーション

こんにちは。2年の増田です!雷

4月9日に住友商事株式会社のスタートアップオリエンテーションへ行って来ました。
大阪から東京へ日帰りというのは初めてでした(笑)

orientation1.jpg

助成オリエンテーションでは、住友商事の東日本再生ユースチャレンジプログラムで選考委員を務めた方々がお話を聞かせていただきました。災害ボランティアというものの「関わりにくさ」というものと、活動における問題点について語られました。また、東日本大震災支援のユースチャレンジプログラム参加者の年々減少している状況などにも思い知らされました。特に印象に残ったのは、
「プログラムが設立して5年が経ち、これまでにもユースのみなさんは多くの成果を挙げてきたが、被災地の実状、被災地のニーズはまだまだ厳しい状況が続く。皆さんの活躍を期待したい。」と選考委員長実吉さんに言われた最後の挨拶の言葉でした。是非自分たちに誇りを持てるような団体になっていきたい、と強く思いました。

nagayann.jpg

後から全国から集まっている災害ボランティア団体と活動について話し合い、どうしたら現状を改善できるか、活動においての悩みは何か、というグループワークを行いました。九州から東北まで出身大学は多様であり、多くの学生と名刺交換やFacebook友達追加をしました。これからも協力しあい、毎日新しいことを学んでいきたいと感じています。
posted by ou.savejapan at 18:17| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: