2015年11月15日

京都大学防災研究所 宇治ラボ公開イベント

こんにちは。
すずらんの片山です。

最近、ブログの更新が遅れてしまっています。
すいませんm(_ _)m

今回は、10月25日に個人的に行ってきた京都大学防災研究所の宇治ラボについてです。
なぜここに行って来たかというと、他ではなかなか体験できないような災害の体験ができるからです。

例えばこちら、豪雨体験。
一時間当たり300mmの雨が降っています。
CIMG5988.JPG

これで300mm??と思うかもしれません。全然怖そうに見えないですからね。
でも、これは実験だから。実際はもっと広い範囲で降るので、全く前が見えない状態になるそうです。

他にも、津波の実験や都市水害のシミュレーションなど。

水圧を体験する実験もあれば、
CIMG6009.JPG
(一般的な扉であれば、40p浸水すれば64sの力がかかるそうです。男性でも開けるのはしんどいです。)

地下に水が流れ込んだという設定での避難体験もありました。
CIMG6017.JPG
(これを体験できるところはめったにないと思います。)


災害について、知っていても実際に体験してみて、納得することや本当なんだと思うことがありました。
毎年、研究所を公開しているそうなので、興味のある方は是非来年行ってみてください。
posted by ou.savejapan at 01:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: