2015年10月16日

野田村交流ツアーE

こんにちは。
阪大3年生、すずらんスタッフの清水です。

私からは9月13日に行った「のだ村交流祭」について少しだけお話しをさせていただきます。

「のだ村交流祭」とは、そもそも何かですが
すずらんのこれまでお世話になった、特にツアーでお世話になった人たちの自慢の食材を使って
仮設住宅等で村民の方々と一緒に焼きそば等料理を作るというものです。

本当に簡単にいうと

@最近はなかなか仮設住宅の方々との交流がすくない
A野田村の食材ってすごくいいけどいつも自分たちが食べてばっかだな

じゃあ、何ができるかって僕たちなりに考えて企画したのがこの「交流祭」です。

活動場所は4か所
野田中仮設、泉沢仮設、南浜高台、下安家自主再建住宅

当日はこんな感じでした。

S__64659460.jpg

野田中仮設です
大盛況です。

村民の方々とスタッフが一緒に焼きそば焼いているときもありました。


S__64659461.jpg


S__64659463.jpg

集会場ではハンドアロマやマッサージをしつつ
村民の方々と交流しました。


S__64659462.jpg


鮭やらおにぎりやら、マツタケまでいっぱい村民の方々からいただきました。

写真はほとんどないですが
当日はたくさんの村民の方々に来てもらい、スタッフも村民の方々とたくさん話しをすることが
できました。


今回の企画では
日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)、関西学院大学、NPO法人のんのりのだ物語等、複数の団体に協力をしていただきました。

この場を借りて改めてお礼申し上げます。

またなによりも、本企画実現にあたり食材提供をしていただいた村民の方々
企画に参加をしてくれた村民の方々に本当にありがとうございました。

以上
「のだ村交流祭」の報告でした。
posted by ou.savejapan at 12:49| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: