2015年10月13日

常総市水害ボランティア1

すずらんの片山です。

今回は少し岩手県野田村から離れて、茨城県常総市(実は千葉県野田市の横!)についてです。
10月10日〜11日の活動の様子を3回に分けて紹介します。

10月10日(活動1日目)は豪雨からちょうど1か月にあたる日です。
この日のビックニュースといえば、地元の鉄道関東鉄道常総線が全線開通したことです。
まだ臨時ダイヤで本数も3割ほどですが、新しい1歩を感じました。
CIMG5857.JPG
水海道駅にて下館行の列車。一か月間、ここから先が不通だった。

この日の活動場所は、常総市南部の水海道(ミツカイドウ)地区です。
すずらん2名と一般参加者1名でピースボートの活動に参加してきました。

この地域は、確認できた範囲で70p〜170p浸水していました。
建物自体が壊れているわけではないですが、中の家具だけでなく、断熱材が水を吸っているので、壁を外して取り除かなければいけないそうです。
CIMG5844.JPG
左に積まれているのが、はがされた断熱材?

まずは、公園でのガラス拾い。
この公園は被災直後にごみの集積所になっており、ガラスなどが落ちているので、それを拾っていきます。
ガラスが残っていると、消毒しても安全に遊べないですからね。
CIMG5830.JPG
公園は広いし、ガラスは細かいし、大変です。
さすがに4人班では不可能なので、後日来る団体さんにお願いすることになりました。

このほかにも、住宅の床下の土砂かきもしました。
残っているヘドロが気になるようなので、丁寧に取り除く作業です。
泥とは違い、そこまで体力は必要ではありませんが、やはり姿勢がつらい・・・。
CIMG5851-1.jpg

複数の現場を回って、まだまだいろんなニーズが残っているんだなと思いました。
ちなみに、ピースボートでは少なくとも今月中はボランティアを募集しているみたいなので、興味のある方は参加してみて下さい。

以上、片山の1日目の活動でした。
posted by ou.savejapan at 02:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: