2015年09月29日

茨木県常総市における水害ボランティア

こんにちは。
すずらんの片山です。

9月23日に茨城県常総市石下地区にて水害ボランティアに参加してきました。
時系列的には、ツアー(9/10〜14)の報告を先にするべきかもしれませんが、ホットな話題ですので、先に報告させていただきます。

まず、常総市全体の様子ですが、ほとんど水は引き、道路の方も順調に走っていました。
しかし、横の方に目をやると稲が倒れていたり、ガードレールに枯れた草がいっぱい引っかかっていたり、丹波に車が転がっていたり。まさに、水が引いた後のそのまま状態でした。
また、あちらこちらで片付けをしている人がたくさん見られました。
CIMG5782.JPG

CIMG5783.JPG

そして、この日の活動は家の床下の泥かきでした。
このお宅は、鬼怒川の決壊地点から1kmで、水は胸のあたりまで浸かっていました。

すでに床板ははがされていたので、早速スコップで泥を取り除き、土嚢袋に入れていきます。
端っこの方は縁側になっており、床板がはがされていないので、覗き込みながらの作業で大変でした。
CIMG5796.JPG

CIMG5797.JPG

それでも、6人で3時間半ほど作業を進め、35uほどの床下+αをきれいにすることができました。回収できた泥は全部で約1トン(受け入れ先の方の推計)もの量でした。
でも、被災直後は一日で軽トラック10杯以上(3トン以上?)もの廃棄物が出たそうです。

現地の方は、被災してから2週間、来る日も来る日も片付けで、かなり参っておられました。それでも、復旧・復興にはまだまだ折り返し地点にも来ていないとのことでした。


10月以降の連休などでボランティアに参加したい方は、常総市の災害ボランティアセンターHPなどをご覧ください。
常総市災害ボランティアセンター
鹿沼市社会福祉協議会
そのほかの地域の情報(燕市社会福祉協議会HPより)
posted by ou.savejapan at 14:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: