2015年09月24日

9/4 防災授業 in前山小学校

こんにちは。

今年の6月から『すずらん』に入会させてもらいました、新メンバーの橋本です。
よろしくお願い致します。

先日、丹波にある前山小学校にて、8月30日〜9月5日は防災週間と言うこともあり、低学年・中学年・高学年に分かれ、発達段階に応じて私たち『すずらん』のメンバー+古川さん+寺本さんで防災授業をさせてもらいました。

4日の前日から、前山小学校がある丹波に向かいメンバー全員で本番の打ち合わせをし、本番の朝では、寺本さんが用意してくださった非常食のわかめご飯、味噌汁を食べ、前山小学校に向かいました。(実は、私は生まれて初めての非常食だったんですが、、、思っていたよりも美味しく出来上がるのでビックリでした!!笑)

image-5fac7.jpg


学校に到着後、軽い予行練習をして、
いよいよ本番!!!\(^o^)/


低学年(1・2年)には、『ぼうさいダック』。
1年生と2年生混合の6人1組になり、チーム対抗で勝負をし、実際に身体を動かしてもらいどちらが素早く綺麗にポーズが取れるかというカードゲームに挑戦してもらいました。

災害など描かれている絵のカードを出すと、それに合うポーズを素早く取れる子もいれば、戸惑いながらも周りを見ながらポーズを取ったりする子もいて、仲間と共有しながら一つのポーズを取ることの大切さを学んでもらえたのではないかと思います。

image.jpg

中学年(3・4年)には、『防災クイズ』。
防災に関する1問3択の10個の問題に挑戦してもらいました。少し難問かな?と私たちが思っていた問題にも悩みながらでも正解している生徒が大半で驚く場面もありました。間違っている問題にも、何故この解答は間違ってるのかも一緒に考えてもらいました。

image-f43f9.jpg


高学年(5・6年)には、『災害 クロスロード』。
5人1組でグループを作り、災害時に直面する場面に必ずしも正解があるとは限らないお題に対して、生徒たちには、Yes or Noのどちらかを決断してもらいます。
決断に自分の意見や考えをしっかり持ってもらった上で、多種多様な仲間と様々な意見交換や価値観を共有する重要さを理解してもらえたように感じます。

image-bd7db.jpg


今回の防災授業を通して、防災・災害に対する知識や態度など、改めて考え直す機会を与えて頂いたと私は思っています。
また、前山小学校の全学年の生徒さんたちだけでなく、先生方にも協力を得てもらえたからこそ、真剣に学びながらも楽しんでもらえる授業が無事に出来たことにとても感謝しています。
前山小学校の皆様、ありがとうございました。

posted by ou.savejapan at 00:05| Comment(0) | 丹波市支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: