2015年03月21日

野田村ツアーD

すずらんの片山です。

今回から民泊先を紹介していくのですが、今回は「まさや」を紹介します。
(伝聞のところもあるので、内容が正確でないかもしれませんが、ご了承ください)

まさやは今回の民泊先で一番山多くにあるところです。
とにかく山道を走った先にあるまさや。

DSC_0021.JPG
出迎えてくれたお母さん。なんか民泊感があります。
実はこのお母さん、昔ながらの豆腐作りのプロフェッショナル。
野田村でも一目置かれています。

DSC_0024.JPG
荷物を置く間もなく、早速まさや自慢の田楽豆腐を焼いてもらいました。

DSC_0028.JPG
そんな田楽豆腐に箸が進みます。
お母さんが笑顔で料理について語ってくれるので、さらに食べてしまいました。

結局、食べ過ぎで動けなくなってしまいました・・・。


民泊二日目、他のところよりも一歩早く、交流会で出す一品づくりの準備で、そば作りに体験です。
IMG_3797.JPG
といっても、麺をそば粉から作るところから始めます。結構手が込んでます。
そばを作る上で一番難しかったのは、めんを切るところでした。
細く、均一に切るのはやっぱり職人技です。

IMG_3799.JPG
でも、ご安心を。太い麺だと、生地の旨みやスープとの絡みがよく、おいしいんです。
食感が違うので、どうしても違和感はありますが、これもそばのよさの一つかもしれません。


民泊三日目、お母さん自慢の豆腐作りを体験させてもらいました。
(一緒に木のごの家のメンバーも一緒です)
IMG_3824.JPG
普段は一人で大豆から豆腐まで作っているそうです。
パワーが違いますよね。

IMG_3833.JPG
とにかく、素材を生かした料理(もはや、ごちそう)が、最高で魅力的でした。

周りに何もない生活は経験がなく、都市に住んでいる人からすれば不便な生活ですが、お父さんもお母さん
も近所の人と助け合って生きる生活に誇りを持っているようでした。
物質的な豊かさが必ずしも大切なものではないと学びました。
IMG_3889.JPG
また、野田村に帰ってきたいと思います!!
posted by ou.savejapan at 00:27| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: