2015年03月14日

野田村ツアーB

すずらんの片山です。

東日本大震災のあの日から4年が経ちました。
私たちを温かく迎えてくれる野田村にも震災の爪跡が残っています。
被災した直後から止まることなく復興が進んでいることは、ツアーの中で見ることができました。
すずらんでは10年間という目標を掲げ、野田村で被災した方々に寄り添い、以前の活気を取り戻るお手伝いができればと思って活動していきます。


ツアーの報告ですが、今回は体験活動先での報告です。

今回のツアーでは、3つの体験先の中から参加者に行きたいものを選んでもらい、参加してきました。
その3つは、「漁師体験」「食の匠・郷土料理」「エコクラフトづくり」です。

・漁師体験
3つの中で一番早くに集合した漁師体験グループ
CIMG4877.JPG

早速漁師さんに渡されたのは、レインコートに長靴、手袋にライフジャケット。
なんと、ライフジャケット以外は今回のために用意してもらいました。
CIMG4885.JPG
これらを着て、一日漁師に変身です。朝からやる気満々です。

1425348367600.jpg

海に出た一行の仕事は「わかめの間引き」。
食卓ではよくお目にかかるわかめですが、実際に作られているところは初めて!

漁師さんにやり方を教えてもらいながら、挑戦です。
1425348351337 (1).jpg
養殖しているわかめを一度つり上げて・・・
ナイフで余分なわかめを切っていきます。

いつも何気なく食べている裏側で、こんな作業があったんですね。

そして、野田村自慢の「荒海ホタテ」も見せてもらいました。
IMG_3754.JPG

IMG_3765.JPG


さてさて、今度は食の匠・郷土料理チームですが、今日のメニューは??
さっそく、作っていきます。

アンを皮で包んで・・・
IMG_3732.JPG
これは、「しだみ団子」ですね。
えっ?どこが郷土料理と思うかもしれませんが、このアン、どんぐり(野田村では「しだみ」)から作ってるんです。

IMG_3735.JPG
のんちゃんも団子を狙ってます。

ほかにも、
IMG_3742.JPG

IMG_3766.JPG
いろんな団子が完成です。

完成後のピース手(チョキ)
IMG_3745.JPG

合流した漁師チームと一緒に野田村郷土料理のお昼ごはんです。
IMG_3780.JPG

おいしそうなホタテ!!野田で取れるホタテは絶品です。
IMG_3772.JPG
それにしても、お昼からホタテの刺身とは豪勢なものですね。

たらふく食べた後は・・・
IMG_3787.JPG
眠くなちゃって、お昼寝です(=д=)zzZZ


そして、もう一つの体験先「エコクラフトづくり」の体験先は野田中学校にある仮設の集会所です。
羽希羽季(うきうき)クラブの皆さんに集まっていただき、作り方を一対一で教えてもらいました。
DSC_0058.JPG

用意してもらった紙のテープを編んでいってかごを作ります。
DSC_0088.JPG

DSC_0096.JPG

早い人はどんどん作っていって、完成です!!
DSC_0122.JPG
立派なかごができました。

実はこのかごは横にティッシュボックスが入るようになってます。
ティッシュとゴミ箱が一体となったアイデアグッズです。

全員完成!!
DSC_0127.JPG

途中での休憩。このツアーで何回目のうきうき団子だろう??
でも、何回食べてもおいしいものはおいしい!!
CIMG4891.JPG

お昼ごはんはお母さんたちが作ってくれた郷土料理「ひっつみ汁」です。
DSC_0129.JPG

というわけで、体験活動について、3つまとめての報告でした。

それぞれの体験先で、いろんな活動をしたので、盛りだくさんになってしまいましたが、どこの体験先も野田村の方々と楽しく交流できました。
posted by ou.savejapan at 17:54| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: