2015年03月06日

野田村ツアー@

こんにちは。
すずらんの片山です。

早くも3月に入り、大学生はすでにいろんな体験をしている時期ではないでしょうか?
そして、受験生の方々は、今までの成果があと数日で実るときではないでしょうか。

今回から何回かに分けて、2月23日〜27日に行った「のだ暮らし体感交流ツアー・冬 〜寒いけど あったかいのだ暮らしを体感するのだ!〜」について報告しようと思います。

5日間のツアーでは、たくさんの民泊先をはじめとするたくさんの野田村の方々にお世話になっています。
全部とはいきませんが、ツアーの様子をたくさん紹介できればと思います。


さて、今回一回目は、23日・24日についてです。

23日午後、参加者はなんと伊丹空港に集合。
今回は豪華にも飛行機で東北(青森空港)まで行き、そこから久慈市までバスで向かい、初日は久慈グランドホテルで宿泊しました。

そして、24日。ついに野田村入りです。

CIMG4799.JPG
あの三陸鉄道のお座席列車で、野田村入りします。

しかも、名物駅長の橋上駅長のガイド付きです。
CIMG4811.jpg
地域に根付いている三鉄ならではの、被災時の苦悩や復興過程での工夫などの話を聞くことができました。

そして、堀内駅で野田村の方々のお迎えです。
CIMG4820.JPG

そして、今度はバスからガイドを受けながら、村の生涯学習センターへ向かいます。
CIMG4855.JPG
港の近くではバスを降り、被災した場所に立って、説明を受けました。

被災地の震災の様子や現状を見て、聞いて、知ることができた後は、
村の「若妻会」によるオリエンテーションで野田村の方々と交流です。

CIMG4860.JPG
一緒に野田村の郷土料理「うきうき団子」と「八杯汁」を食べました。

「若妻会vs学生」ということで、豆運びバトル!!
CIMG4863.JPG

箸で豆を皿からさらに移すというだけですが、とにかく豆がちっちゃい。
なかなか、苦戦する人も出て、盛り上がりました。
CIMG4865.JPG


CIMG4870.JPG
あれ?のんちゃんも一緒にお弁当食べるの??

そして、村の方々と、そして、一緒に参加した学生と交流したあとは、
ついに、今回のメインでもある民泊先の方との顔合わせです。

そして、民泊が始まります。
が、ここからとても長くなるので、次の機会に紹介していきます。


このツアーの様子は以下のページにも紹介されていますので、
早くこの続きも見たいという方、もっと写真や動画を見たいという方は
のぞいてみてください。

のだ村に暮らすのだ!
http://nodateiju.exblog.jp/23605819/

野田村通信ブログ
http://nodakankou.exblog.jp/23718446/

野田村FAN(ファン)
http://nodamurafan.jp/program/biyori/38718/
______________________________________________________
このツアーの開催にあたり、JR西日本あんしん社会財団からの助成を受けています。

posted by ou.savejapan at 15:58| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: