2012年10月05日

9月27日〜9月30日 「復興応援フィールドツアー」(野田村2日目午後〜終わり)

こんにちは、

すずらんの増田です。

またまた復興応援フィールドツアーの続きです。

「かまどのつきやさん 伝統料理作り 「けいらん」」

 2日目午後から増田の班は、午前中に朝ごはんをいただいた「かまどのつきや」さんを再び訪れさせていただきました。こちらでは、野田村の伝統料理「けいらん」というものを作る体験をさせていただきました。「けいらん」とは、もち米の粉を練って、中にからしと黒砂糖、くるみを入れて、あとはゆでるだけです。野田村では冠婚葬祭などで作られる料理だそうですが、一体どんな味なのか、参加者は興味津々という感じでお手伝いさせていただきました。

IMAG0463.jpg


IMAG0468.jpg


みんなで団子をねって丸くしました。


IMAG0478.jpg


そしてできあがりです。けいらんの名前の由来は鳥の卵「鶏卵」だそうです。ほんとに、見た目はゆで卵たいです。

IMAG0474.jpg


 みんなでおいしくいただきました。お団子の中には、甘い黒砂糖と、からいからしが両方入っているので、最初はどきどきでしたが、甘さの中にもピリッとした刺激があり、見事にマッチしていました。お話を聞くと、お酒好きなお父さん方にも喜ばれるそうです。なんだかわかりました。

 その後も、けいらんを頂きながら、野田村の伝統のことなど、沢山のお話をしてくださりました。こちらでも、おいしいものを頂いて、お腹がいっぱいになりました。本当に野田村に来てから、食べっぱなしでした(笑)ご馳走様でした。かまどのつきやさん、ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「すみれの会」

ここからはすずらんの塩田がご報告させていただきます。

 3日目午後、1班はすみれの会さんの元で農業体験をさせていただきました。
「すみれの会」は、野田中学校仮設にお住まいのお母さん方が共同農園で作業をする会なのですが、ゆっくりまったりしているイメージを持っていったら皆さん思った以上にパワフルでした。

 この体験では、うねづくりから種まき、苗植えなどを体験させていただきました。
のんびり土いじり…なんて考えてたのですが、皆さん動きがキビキビしてらして、なかなかついていけませんでした。(><)

5aaa62.JPG


くわの持ち方でやったことないのがばれるほど慣れない作業に四苦八苦する参加者の皆さんと、それを優しく見守ってくださる野田村の皆さん。学生側から「やっぱプロは違う」という呟きが何度も漏れていました。

aaaaa.jpg


 皆さんの温かいご指導をいただきながら、無事体験は終了。一旦中学校仮設の方に戻ろうということになったのですが、道中、後ろを歩いていたすみれの会の方々が急に道の脇へ。何事かと思って近づいてみると、

bbbbbb.jpg


みょうがでした。木の根元付近に生えていたみょうがを皆さん一斉に摘み出したのでした。野生のみょうがって初めて見たかもしれません。すごくいい香りでした。
道中脇道に栗も落ちており、その場で栗拾い大会が始まっておりました(笑)。
みょうがと合わせておみやげにと、渡してくださいました。

その後仮設住宅のもの置きドームでお茶会をしました。
何気ない世間話をしていたらいつの間にか津波のお話になり、津波の爪痕の深さを改めて感じました。

実は当日天候が優れなかったのですが、すみれの会の皆さんも参加者の皆さんも、ものともせずに畑仕事に勤しんでいました。ちょっとどろどろになりましたが、これもいい思い出となりました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「振り返り〜まとめ」

2日間の体験を終え、最後はえぼし荘でツアーの振り返りをしながら夕食会を行いました。
参加者一人一人にこのツアーの感想を話していただいたのですが、皆さんいい顔で「楽しかった」と話していたのが印象的でした。

ccc.jpg


 企画当初より、今回は参加者も野田村の方々も、くつろいだ雰囲気で楽しみながらお互いに刺激を与え合うことができればいいなということを考えていたので、とてもありがたく、嬉しかったです。
 初めて企画するツアーということもあり、本当にいろいろと不備の絶えない4日間でしたが、その中で野田村の方々、大阪の学生にたくさんの出会いがあり、交流があり、発見があり、笑顔があったということが、この企画の大きな収穫となったのではないかと思います。

 ありがたいことに既に次のツアーを待つ声もいただいています。具体的な日程等は決まっておりませんが、この1回で終わらせることなく、継続的にこのツアーを続けていきたいと思います。

 最後になりましたが、企画段階よりお世話になりました野田村役場特定課題対策課の皆様、被災状況のご案内をしてくださった野田村観光協会の皆様、学生を受け入れてくださった下安家漁協の皆様、野田養殖組合の皆様、しいたけハウスの皆様、のだ塩工房の皆様、安来直売所の皆様、グラシアの会の皆様、だらすこ工房の皆様、すみれの会の皆様、かまどのつきやの皆様、当日スタッフとして動いてくださった久慈広域観光協議会の皆様、そして参加者の皆様には心より御礼申し上げます。

 本当にありがとうございました!また次回もよろしくお願いします!





IMAG0487.jpg

posted by ou.savejapan at 00:23| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト