2012年09月16日

8月23日〜8月29日「野田村行きボランティアバス」B

E出張流しそうめん
 剣道少年の中村です。
 出張流しそうめんの報告をします。

 僕は、祭りの前は前入り活動、野田祭りでは仮設訪問を担当しました。
前入り活動は、祭りのための買い出しと、仮設でのイベント周知が主な仕事で、祭り期間中は仮設住宅で流しそうめんのイベントをやっていました。

前入り活動
 
 お魚センターとマミーストアさんで、祭り期間中の食材を注文させてもらい、そうめんを買い込みました。
米田・泉沢・野田中の各仮設でそうめん流しのチラシ配りをさせていただき、各戸宣伝しまわっていたのですが、
「長山洋子さんが来る日にゃー、誰もそうめん流しなんか行かないよ」とのことで、少し当日は開始時間を早めることになりました。

 今回野田村に来て嬉しかったことは、拠点に自転車があったことです。拠点と仮設や役場前との実質距離が縮まったこともそうですが、自転車で坂を駆け下りるのは気持ちよかったです! 

祭り期間中
祭り期間中は、一日目米田、二日目泉沢、三日目野田中の各仮設で祭りに行かない方、行けない方を対象にそうめん流しを開催しました。
インターネットの情報を見よう見まねで、組み上げたそうめん流しセットにそうめんを流していくのですが、初日の米田では、組み上げるのに苦戦し、仮設のお父さんに手伝ってもらいました。日曜大工は楽しいもので、お父さん方が集まると、わいわいがやがや。ちゃっちゃっちゃと竹を組み上げてくださいました。

sss.jpg

 竹をちょろちょろと流れる水に、子供たちは大興奮。プチトマトを流したり、水をせき止めたり、そうめんを全部すくったり。すぐに飽きていましたが(笑)

 そうめん流しに飽きた子供たちと遊んだり、残ったそうめんを学生で食べているうちに、そうめん流しは終了。後片付けをして、そうめん流し班は野田祭りに参加しました。

 各日ともに20人くらいの方が来られて、そうめん流しは予想外に盛況でした。

 参加してくださった方ありがとうございました!

野田祭り後

 祭り終了後、僕はバスの皆さんをぱあぷるで見送った後、塩田さんと二人で花火を見て、次の日大阪に向けて出発しました。

 みなさま、ありがとうございました。

 次からは、はやくデジカメを買ってたくさん写真を載せたいです。



----------------------------------------------------

ここから、再び増田です。

お祭りの様子は他のブログなどでも紹介されていますので、よければご覧下さい。

野田村通信ブログ@(岩手野田村観光協会)

野田村通信ブログA(岩手野田村観光協会)

チーム北リアス ブログ「北リアスだより」

お祭り2日目の夜には、国民宿舎えぼし荘で参加者全員による振り返りも行われました。今回はボランティアとはいえ、お祭りに参加するという形で初めて野田村を訪れた方も沢山おられ、様々な意見を伺うことができました。

2012-08-27T23-01-09_57.jpg

「ボランティアって何でしょうか?」ということを考えたり、野田村のことを好きになったり、参加者それぞれにとって、東北のことや野田村のこと、関西のことなど、考え、悩み、共有する時間をとることができました。

今回のボランティアバスでは、野田村での祭りに参加するという形で野田村を訪れさせていただきました。楽しいお祭りという印象を受けた方や、震災のことを改めて感じた方、野田村のことを大好きになった方、様々な感想がありましたが、多くの方とともに野田村や東北のことを考える時間を持てたことが、大事なことではないかと感じています。増田個人としても、ますます野田村を好きになり、何度も感じていることですが、「また行きたい」と思うことができました。

また、大勢の参加者全員が無事、関西へ帰ってこれましたが、関西学院大学の関先生、NVNADの寺本さん、大阪大学の太刀掛先生、その他、多くの方に大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

そして、最後になりましたが、たくさんの関西組を暖かく迎えてくださった野田村の皆様、関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。黄緑色のビブスなど、ボランティアの目印を体につけているだけで、多くの野田村の方々が声をかけてくださいました。初参加者の含め参加者全員が、また野田村へ行きたいと思うことができました。これからもよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。

CIMG3394.JPG
posted by ou.savejapan at 22:31| Comment(0) | 野田まつり