2012年09月15日

8月23日〜8月29日「野田村行きボランティアバス」A

すずらんの増田です。

野田村観光まつりの続きです。


C野田村観光MAPづくり
 野田村の方にもそうでない方にも、野田村の好きな場所を1つ教えてもらおうという企画でした。大きな野田村の地図を用意し、好きな場所にシールを張って、コメントをいただきました。
 野田村民ではない増田も、この1年で、だいぶ野田村に詳しくなったかと思っていましたが、参加してくださった方々のコメントを見ると、まだまだ増田の知らない野田村は沢山あるんだなと思いました。中には、何十年も前の思い出を書いてくださった方もいて、驚きましたが、今後も同じような企画をできればいいなと感じました。

 上の企画の他にも、参加者は様々なイベントのお手伝いをさせていただきました。野田村在住の塩田君が野田村内でかなりの有名人になっており「ここちょっと手伝って!」という声が塩田君にかかり、黄緑色のビブスをつけた関西組が祭り会場のあっちこっちにいるというような状況になりました。

DSC03105.JPG

知らないあいだに、野田村青年部のお店のお手伝いをしていたり、

DSC03110.JPG

他の出店のお手伝いをしていたり、

2012-08-27T23-01-08_31.jpg

お店のお手伝いもさせていただきました。

2012-08-27T21-24-33_38.jpg

知らない間に神輿を担いでいました。声をかけてくださったそうです。

2012-08-27T21-24-33_42.jpg

↑神輿を担いで、楽しんで、なぜかびしょびしょになった方々

 また、野田村内では、現在コミュニティFMの運用を目指す活動も行われています。災害時の緊急放送や、通常時の村内放送を含めたFM放送を運用予定だそうですが、今回は祭り会場内で試験放送が行われました。参加者へのインタビューなど、関西組もお手伝いをさせていただきました。

2012-08-27T21-24-33_46.jpg

2012-08-27T21-24-33_48.jpg

コミュニティFMの試験放送に出演中のなもみ(青森のなまはげと同じです)

 お祭り自体も、おおいに盛り上がり、愛宕神社周辺は年に1度の祭りに参加した多くの方でにぎわっていました。

2012-08-27T21-24-32_3.jpg

子供達によるお神輿

DSC03157.JPG

弘前大学様によるのんちゃんも夜の野田村を練り歩きました。

DSC03136.JPG

NVNADの寺本さんも絶好調でした。

D子供たちと遊ぶサイエンス教室
このブースについてはすずらんにしてはそこそこ男前という微妙な立ち位置の坂田が報告させていただきます。
この企画は理科実験を通して子供たちと一緒に遊び、理科を好きになってもらおうという企画でした。

そこで、さまざまな理科実験を子供たちに披露する(有名どころでいえば空気砲など)、スライム作り、万華鏡作り、の3つの活動を行いました。


スタッフみんなで準備&試作

写真 (2).JPG

子供たちと楽しく作りました(写真は万華鏡づくり)
写真 (1).JPG


今回は思ったより来てくれた子供たちの年齢層が低かったこともあり、サイエンスというよりは工作教室みたいになってましたが、何よりもスタッフと子供たちお互いが楽しくできたことが今回は一番よかったと思います。
今後もなにか子供たちと関われるような企画を実行していきたいと思いました。



さらに続きます。



posted by ou.savejapan at 21:48| Comment(0) | 野田まつり