2012年05月22日

5月11日〜14日 野田村での活動 A日目(増田編)

すずらん増田です。

5月11日〜14日の野田村での活動について、A日目(13日)の活動を報告します。

この日は、前日に合流した神姫バスの皆様とともに活動を行うことになりました。

最初は村上君と同じで中平(なかたい)地区での戸別訪問、ビラ配りをしました。
前日から倍くらいの人数になり、十分に各家を訪問することができました。

その後は、また村上君とは別行動となり、
増田は、宿泊したえぼし荘へと戻りました。
実はこの日、えぼし荘では
「NVNAD野田村復興支援金 活動報告会」
が開催されました。
仰々しい名前の報告会ですが、内容はアットホームな感じで、
野田村の復興のために活動されている野田村内外の11団体様による
昨年度の活動報告の場となりました。

今まで僕が知っていた人や知らなかった人、
沢山の人がそれぞれの立場から、それぞれの視点を持って
野田村の復興のために尽力されていることを知ることができました。

流された写真を洗浄し、元の持ち主へ返却する活動や、
子供達に遊びの場を提供する方、
漁業復興に挑む漁師さんや仮設住宅での手芸品の制作・販売をするお母さん
などなど、様々でした。

みなさんの力で少しずつ復興に向かっていくのだなと感じました。
その中で微力ながらすずらんにも貢献できることがあるかなと思いました。

報告会終了後、本日の活動は終了しました。

最後に道の駅「ぱーぷる」に寄り道しお土産を買って
、再び18時間の夜行バスで関西へ帰りました。

↓ぱーぷるでの記念撮影(右は神姫バスの方)
IMGP2392.JPG

関西とは違って、まだ肌寒い5月の野田村でしたが、
また来たいと思えた2日間でした。

最後になりましたが、
今回のボランティアバスを企画してくださった日本災害救援ボランティアネットワークの皆様、
バスを運行していただき、活動にも参加してくださった神姫バスの方々
そして、関西の僕たちを笑顔で受け入れてくださった野田村の皆様、
ありがとうございました。また行きます。

posted by ou.savejapan at 17:56| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト