2012年05月20日

5月11日〜14日 野田村での活動 A日目(村上編)

5月13日、母の日
本日の朝食は、昨日いただいた二十日大根と、塩田くんが干したわかめでお味噌汁を作りました。
びっくりするくらい優しい味。
買ってきた食材とは根本的に異なる何かを感じました。

本日の活動は、野田中近郊の中平(なかたい)地区でのビラ配りから始まりました。
 ビラ配りの説明の様子。

IMGP2367.JPG

仮設外にお住まいの方への訪問は初めてで緊張しました。
また、野田中以西に行くことも初めてでした。少し山側へ登ると、チューリップ等、花がたくさん咲いていて、春の野田村に心が癒されました。


IMGP2360.JPG


11時から、中平公民館で青森県の方々のイベントがありました。
 お琴や、剣舞、和尚さんの講話が催されており、少しだけ見させてもらいました。
 真剣をつかった剣舞を見るのは初めてで、巻藁を切るたび、見に来ていたみなさんから歓声が湧いていました。

IMGP2375.JPG

青森の方々のイベントが終わると、同会場で、塩田企画の足湯・茶話会を実施しました。

2012-05-14T22-47-18_16.jpg

 野田村は3度目の訪問となる私ですが、足湯をさせていただくのは初めての経験で、準備はモタモタでした。
 足湯をしている間は、野田村の方々と1対1で、ゆっくり会話することができ、貴重な時間を過ごさせてもらいました。
また、午前中のビラ配りの成果もあってか、今回のイベントは仮設外からもたくさんの方に参加していただけたように感じました。

 足湯の片付けが終わると、私たちの全行程は終了しました。

 最後に「道の駅 のだ」で、お土産を買いました。
 道の駅では「一石運動」といって、野田を訪れた村外の方が、野田の復興を願って石にメッセージを書いて積んでいく企画をしています。
 もちろんNVNADバスの参加者は熱い想いを書き込みます。

IMGP2389.JPG

一日でも早い復興を祈願

IMGP2390.JPG


 18時間かけて西宮に帰着。バキバキの体に苦しみながら、最後に一人一言。
 みなさんの想いが、心に響きました。
 全員がまた野田に行きたいという気持ちを持って、解散。
 野田村のみなさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました!

 また行きましょう!!
また行きます!!

IMGP2397.JPG
タグ:野田村 NVNAD
posted by ou.savejapan at 11:39| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト