2012年05月11日

関西の3月11日

すずらんの本山です。

ずいぶん遅れてしまいましたが、3月11日に参加した
3.11 from KANSAI 支援者対象セミナーの模様を簡単にですが報告します。

支援者対象セミナーでは、文字通り支援者側が知っておくべきこと、
2年目の支援の難しさや、阪神の経験を活かすとはどういうことか、
いくつかの団体の去年の活動についてその背景も含めてお話をお聞きしました。

2年目は活動の結果が見えにくく、支援をする側にとってもつらい1年になるとのことでした。
しかし、仮設住宅は2年で期限ということになっていたりと、2年目あるいはそれ以降も支援を行う必要があるということでした。

また、ある団体さんは自分たちが抜けた後も継続できる活動を心掛けているとおっしゃっていました。
週に1度集まって何かをするという習慣をつくり、現地の方々同士の交流で成り立つイベントなども考えていくべきだなと感じました。

このイベントは全容が動画でご覧になれますので詳細はURLからどうぞ。

@ 3.11 from KANSAI  まだまだ、これからが復興支援! スペサポ関西企画--1

A 3.11 from KANSAI  まだまだ、これからが復興支援! スペサポ関西企画--2
posted by ou.savejapan at 09:51| Comment(0) | 関西後方支援プロジェクト