2017年02月23日

防災授業 in 箕面東高等学校

こんにちは。すずらんの片山です。

受験生の方にとっては、今週末が勝負の日!
一方、大学生にとっては、後期の成績発表のシーズン!
進級が危ない人は祈るような気持ちなんでしょうね。
すずらんのメンバーも、進級できたと大喜びでした(笑)

さてさて、今回は2月14日に行った防災授業についてです。
今までは小学校などで防災授業を行っていたのですが、今回は初めての高校での授業。

さすがに、高校生相手でドキドキです。
今回はクロスロードにチャレンジしてもらいました!

今までの何度か紹介してきたクロスロードですが、簡単に言うとある場面において自分がどのように行動するか考えるシミュレーションゲームです。

なじみはないゲームだと思うので、初めは高校の運動会をテーマに練習。
その後に、地震後の避難所を想定して、夜泣きの赤ちゃんをどうするか、部屋を男女別室にするか男女同室にするか、などについて考えてもらいました。

CIMG9014.JPG


高校生だと本音と建て前を使い分けて盛り上がらないかなと心配していましたが、皆さん正直な気持ちを発表してくれたのでとてもいい時間になったと思います。
posted by ou.savejapan at 16:22| Comment(0) | 日記

2017年02月20日

2/12 野田村ファンクラブ

こんにちは!
すずらんの明石です。

もうすぐ阪大の入試ですね。。
来年はどんな子がすずらんに入ってくれるんでしょうか?
新歓の準備も進めていかないといけませんねあせあせ(飛び散る汗)


さて、2/12に野田村ファンクラブの企画として、料理対決が行われました。
題して、、、
”料理対決なのだ! 〜バレンタインに野田村の方たちへ感謝を伝えよう〜”
です。

NVNAD・関西学院大学・阪大渥美研究所・すずらん、というこれまで野田村にお世話になってきた団体からメンバーを集めて2チームに分け、野田村の食材を使った料理対決をしましたわーい(嬉しい顔)

当日はレンタルキッチンをお借りして料理・交流会を行いました。

ほうれん草・ジャガイモ・ワカメ・おもちなど書き出したらキリがないほどたくさんの食材を送っていただきましたm(_ _)m

これらの食材と自分たちで買い足したものを組み合わせて完成したのが、、、
Aチーム・・・おもち入りグラタンとほうれん草のおひたし
Bチーム・・・クリームシチューとワカメの酢の物

他にもお味噌汁や焼きおにぎりなど豪華な料理がテーブルに並びましたぴかぴか(新しい)
(写真が見当たらず、見つかり次第掲載します( ;∀;))


そして実食にうつり、後半には野田村の方々とビデオ通話でお話しすることができました!


最後に、、

野田村の皆さん、いつも本当にありがとうございます!
もうすぐツアーでも伺いますのでよろしくお願いします!!




そういや料理対決はBチームの勝ちでしたね(笑)
1487557575540.jpg
posted by ou.savejapan at 14:26| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト

2017年01月10日

【新年のご挨拶】&【12/3 第31回みのお市民人権フォーラム】

皆さま、あけましておめでとうございますexclamation×2

「年明けから何日経ってんだよ!」というお叱りが飛んできそうですが、
昨年お世話になった各関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

当然のことではありますが、私たち学生は、資金的にもノウハウとしても、自分たちでできることというのはかなり限られています。その中で、高い志を持った多くの方々と活動を共にさせていただき、大変ありがたく感じております。

今年も、特に災害分野において少しでもお役に立てるよう、一同さらに努力を重ねていくので、どうかよろしくお願いします。晴れ



...さて!

こちらも遅くなってしまいましたが、12月3日にすずらんがゲストスピーカーとして参加させていただいた、「第31回みのお市民人権フォーラム」について書いていこうと思います。

このフォーラムは毎年行われていますが、今回は「震災をこえたまちづくり〜今求められていることを共に考える〜」がテーマの第1分科会にて、主にこれまでの東北(岩手県野田村)での活動や今後、そして活動の上での苦労などについてお話させていただきました。

人権フォーラム 司会.png


人権フォーラム 発表.png

災害・防災に関心を持った約80名の市民の方々が、私たち学生の拙いお話に真剣に耳を傾けて下さいましたひらめき



この第1分科会では、私たちの前に、「箕面市役所・市民安全政策室」の岡田さんと「NPO法人暮らしづくりネットワーク北芝」の中村さんが講師として、主に熊本での災害支援についてお話をされていました。

岡田さんは、「被災建築物応急危険度判定」といって、余震などによる二次災害を防ぐために、建物の危険度に応じて判定結果を記した紙を貼り付ける業務をされていたそうです。
中村さんは、熊本での支援活動の様子や、物産展やボランティアツアーなど、箕面市からできる様々な形態の支援活動についてお話されていました。




私たち、すずらんはゲストスピーカーという立場でしたが、防災分野の大先輩のプロの方々のお話を聞くことができ、大変勉強になりましたペン
また、このフォーラムを通じて、たくさんの方々と大切な繋がりを持たせていただくことができ、今後もこのご縁を大事にしていき、少しでも社会的にお役に立つことができればと心から感じました。

人権フォーラム 集合@.png

人権フォーラム 集合A.png


「第31回みのお市民人権フォーラム」
http://minohjinkenforum.jpn.org/


以上、2年の長山からの投稿でした。
posted by ou.savejapan at 17:35| Comment(0) | 関西後方支援プロジェクト