2019年07月10日

7/6 豊中支援学校サマーイベント ブース出展

はじめまして。
新しくすずらんに入りました1年の小林です。
4月のサークルオリエンテーションで先輩のお話を聞いて、すずらんの活動に惹かれました!
野田村支援、防災授業、ブース出展などなど色々な活動に参加して楽しんでいきたいと思います。
これからよろしくお願いします(^^)

今回は豊中支援学校のサマーイベントでブース出展をさせていただきました。
私自身、4月に行った真備町での写真洗浄に続く2回目の活動でした。
3年生の先輩2人と私を含む1年生2人の4人で行きました。

豊中支援学校では毎年この時期にお祭りのようなイベントを開催しているみたいで、すずらんは今年初めて参加させていただきました。
豊中支援学校に通う子供たちと保護者の方、さらには卒業生もたくさん参加しており、大賑わいでした。
防災コーナーには、大阪府池田土木事務所の方や気象庁の方も来られており、面白そうな企画が並んでいました。

2019.7.6 すずらん ブース出展 5枚目.jpg

2019.7.6 すずらん ブース出展 6枚目.jpg

2019.7.6 すずらん ブース出展 4枚目.jpg

前置きが長くなってしまいましたが、すずらんが行ったのは防災に関する間違い探しです。
ゲーム感覚で防災について楽しく学んでもらおうという趣旨でやりました。
しかし、小学校低学年の子には間違い探しが少し難しかったので、その場合は、災害が起こった時の街の様子が絵で描かれた地図を使って、会話をしながら、防災について学んでもらいました。
ざっくり言うとこんな感じですが、来てくれた子供たちに合わせて難易度はアレンジしました。
来てくれた子の中には、災害に関するニュースをよく見ているみたいで、災害や防災に関してとっても詳しい子もいました。

2019.7.6 すずらん ブース出展 1枚目.jpg

ちなみに間違い探しというのは、地震が起こった時に教室の中での正しい行動を考えるものでした。特に子供たちに学んでもらったのは、地震が起こったら机の下に入るか、周りに何もない部屋の真ん中で身をかがめて頭を守るかのどちらかの行動をとる、ということです。一番やってはいけないのが、時計や本棚がある壁の近くにいることです。何かが落ちてきたら大変です。

私はこういった企画が初めてだったので、最初は子供たちと上手に会話できるか心配でした。
それでも先輩のサポートを受けながら、ちょっとずつ上手くなったと思います。
1番難しいと思ったのが、話すと聞くのバランスですね。
こちらが話してばかりだと子供たちも飽きてしまうので、たまに質問して答えてもらいました。
子供たちの中にも自分から話すのが好きな子、あまり好きでない子など様々なタイプの子がいるので、一人ひとりに合わせることが大切だと思いました。
これから慣れていきたいと思います!

来年も是非ブース出展させていただきたいです。
そしてもっと色んな学校でブース出展出来ればいいなと思います。
まだまだ未熟ですが、経験を積んで上手くなれるように頑張ります!

2019.7.6 すずらん ブース出展 2枚目.jpg

2019.7.6 すずらん ブース出展 3枚目.jpg




posted by ou.savejapan at 15:20| Comment(0) | 関西後方支援プロジェクト

2019年04月30日

4/28 真備町ボランティア活動

ご無沙汰しております、大前です('ω')
ブログ書くのはひっさびさですが、ちょこちょこ活動しておりました(^^;)

さて、今回は真備町での写真洗浄ボランティアについてご報告いたします!
私と片山さん、そして新入生2人の4人で、真備町写真洗浄会さんのお手伝いをしました。
※真備町写真洗浄会さんTwitter→https://twitter.com/mabisenjo

最初に、作業工程などについて説明を受けました。
真備町1.jpg

真備町2.jpg

午前中は、乾いたアルバムを分解して写真を台紙からはがし、写真裏面の糊を落とす作業でした。
周りにカッターでそーっと切れ目を入れて写真を取り出し、ナイロンたわしやへら、ペットボトルキャップ等を使って裏面をこすります。
真備町3.jpg

真備町4.jpg

私は初めての写真洗浄で、汚れたアルバムを見たときは
「えっ、写真ってこんなことになるんや(;O;)どこまで復元できるんやろ…」
と思いました。恐るべしバクテリアあせあせ(飛び散る汗)
集中して黙々とやった結果、私たちを含む6人で300枚ほど処理できました!

午後は、最終段階であるポケットアルバムへの収納作業でした。
5月真備町.jpg
予想以上にきれいな仕上がりのものもあれば、洗浄を経てもなお何の写真か判断できないものもありました。
あまりにも状態が悪くてご返却しかねる場合は供養することになっていますが、どんな写真も持ち主の方の思い出が詰まっています。
せっかく最後まできたんだから…ということで、原則すべてアルバムに収めました。

実際に体験して、一連の作業をボランティアの力で地道に続けておられることに感動しました(>_<)
「私たちが担当したアルバムの持ち主の方にお会いしたいな、喜んでもらえたらいいな(*´ω`)」と思いました。

洗浄会の方によると、約280件12万枚のご依頼があり、80件ほどが返却済みとのこと。
来年7月ごろまで活動を続けられるそうです。
なんと、連休中は毎日活動されます!もう一度言いますよ、please listen again耳
ま・い・に・ちです。
「予定入れそびれたなー、どっか行きたいけど混んでるとこに遊びに行くのはいらんわたらーっ(汗)
という方がいらっしゃったら、被災地でのボランティアを検討してみては?
令和初のお出かけが社会貢献にるんるん

すずらんは、連休以降も引き続き真備町にお手伝いしに行く予定です。
電車からは倒木や足場が組まれた住宅が見えましたし、力仕事のニーズもまだあります。
少しでもお役に立ちたいという思いを胸に、活動に励んでまいります('◇')ゞ
posted by ou.savejapan at 22:34| Comment(0) | 日記

2019年03月20日

2019冬 のだ暮らし応援交流ツアー 民泊先紹介@

こんにちは晴れ4回生の大辻です(^^)
もう来週は卒業式、、しかしすずらんは生涯現役です!!

今回は2月に行われたのだ暮らし応援交流ツアーの民泊先紹介をさせていただきまするんるん
私が泊めていただいたのは、おなじみの「まさや」さんです(*^^*)
まさやさんにお世話になるのは個人的にはもう4回目で、おうちに着くなり帰ってきた安心感がすごいです(笑)

まさや.jpg
みんなもこのとおりくつろいでいました(^O^)
進じいとてるさんがいつも変わらず自然体で、温かく迎えてくれるからだと思います。

まさや全員.jpg

まさやの冬と言えば雪雪!!
かまくらができるほど積もると聞いて期待していたのですが(私はまさや4回目と言いましたが実は冬に来たの初めて)、、今年は本当に暖冬で、うっすらと固まった雪だけが残されていました、、残念(:_;)

しかし、まだ楽しみは残っています(´▽`*)
まきストーブ.jpg
薪ストーブです!!みなさんご存知ですか!?
これ本当に暖かいんですひらめき東北の気温は低いですが、薪ストーブがあれば家の中はぽかぽか晴れ
ぽかぽかどころか少し暑いです(笑)私の奈良の実家よりも確実に暖かかったです。
まきストーブアップ.jpg
進じいが薪をくべ、私たちが風邪をひかないよう気遣ってくださいました(*^^*)

てるさんはいつも本当においしい料理で私たちの胃袋をつかみまするんるん
煮しめ.jpg
↑煮しめ 味が染みていくらでも食べられる!てるさん手作りのお豆腐が入っています(^^)

まさやご飯.jpg
↑豪華夜ご飯 有名な早採りわかめも!

ほかにも、小豆ばっとうという、小豆汁にうどんが入った郷土料理などもいただきましたexclamation
愛情たっぷりのお料理ありがとうございました黒ハート

進じいも100人握手の旗づくりなど、さまざまに協力してくださいました☆優しさです(*^^*)
進むじい竹.jpg
100人握手旗.jpg

今回も遅くまでたくさん話をして下さり、貴重な時間を過ごすことができました。
ありがとうございます(*^^*)
4月からは社会人となりますが、これからも野田村とすずらんを応援します!!


本ツアーは「Yahoo!基金」の助成を受けて行っています。
すずらん一同感謝しております。
Yahoo21E59FBAE98791E383ADE382B42017E38080E995B7E696B9E5BDA2-thumbnail2.png


posted by ou.savejapan at 00:57| Comment(0) | 野田村支援プロジェクト